Facebook
Twitter

BC石川155キロ右腕・寺岡、チーム初ドラフト本指名なるか

2017年10月21日8時0分  スポーツ報知
  • 本指名でのNPB入りが期待されるBC石川・寺岡

 プロ野球のドラフト会議が26日に行われる。BCリーグ・石川ミリオンスターズの最速155キロ右腕・寺岡寛治(24)、星稜高出身で亜大の北村拓己内野手(4年)らの評価が高く、育成ではない本指名が期待される。

 寺岡には、8球団から調査書が届いている。社会人野球の名門・九州三菱自動車を退社し、「よりNPBに近づくため」今季石川に入団。主にセットアッパーとして43試合に登板し、防御率1・52。59回1/3で82個の三振を奪い、奪三振率12・45と驚異的な数字を残した。本指名でのNPB入りとなれば、チーム初。「力は100%出せたシーズン。アピールはできた」と手応えを語った寺岡は「あとはどう評価してもらえるか」と運命の日を心待ちにする。

 北村は、昨夏の侍ジャパン大学日本代表。勝負強い打撃と堅守を誇り、主将としても亜大を引っ張る。同じ星稜高、亜大出身で2学年上の兄・祥治内野手(トヨタ自動車)もドラフト候補。兄弟指名の可能性もある。

 プロ志望届を提出した高校通算39本塁打の高朋・高畑光生内野手(3年)、新川高の140キロ右腕・浜木迅也(3年)、金沢星稜大の145キロ右腕・近藤俊太郎(4年)も吉報を待つ。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ