女子ソフト“金”ユニホーム 上野「もう一度」

2018年4月17日8時0分  スポーツ報知
  • 金色の新ユニホームを着て笑顔の上野由岐子(右)と山田恵里

 8月2日に開幕する第16回世界女子ソフトボール選手権(千葉)の日本代表が16日、都内の東京モード学園内で代表17人と新ユニホームを発表した。

 新ユニホームは従来の赤や白を基調としたものから一新し、金メダルへの決意を込めたゴールドをベースに軽さや動きやすさも追求。大黒柱の上野由岐子投手(35)=ビックカメラ高崎=は「軽くて動きやすい。もう一度金を目指したい。(五輪への)前哨戦として価値ある大会にしたい」と意気込んだ。

 発表会見では、モード学園の生徒にメイクをしてもらった選手がファッションショー風に登場。ランウェーでポーズを決める大胆な演出もあった。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ