【BCリーグ】村田修一が移籍後初の4安打猛打賞、2号2ランも

2018年6月1日23時59分  スポーツ報知
  • 2号2ランなど4打数4安打で、栃木移籍後初めての猛打賞をマークした前巨人・村田(球団提供)

 ◆ルートインBCリーグ 栃木10―6武蔵(1日・小山市運動公園)

 ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスからNPB復帰を目指す前巨人・村田修一内野手(37)が、2号2ランを含む4安打で、移籍後初の猛打賞をマークした。

 4番・三塁で先発出場した村田は、初回に5月12日の巨人3軍戦以来となる2号2ランを右中間スタンドへ叩き込むと、3回には中越え二塁打、5回には左前打、7回にも右中間二塁打。サイクルヒットこそ逃したものの、4打数4安打の固め打ちを披露した。

 右太ももを痛めた影響で、代打やDHでの出場が続いていたが、この日は三塁の守備にもつきフル出場。上昇気流に乗り始めた男・村田は「久しぶりに守備につくことができたし、打席でも積極的に打ちにいけた。コンディションもだいぶ良くなり、いつもの流れで野球ができた」と、さらなる活躍を誓った。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)