BC栃木・村田修一、去就会見で男の美学 “引退”「その2文字を今日は使いたくない」

2018年8月2日6時0分  スポーツ報知
  • 会見で野球人生を振り返ったBCリーグ栃木・村田修一は、口を真一文字に結び感慨深い表情を見せた(カメラ・上村 尚平)

 ルートイン独立リーグ・栃木ゴールデンブレーブス(BC栃木)からNPB復帰を目指してきた、前巨人の村田修一内野手(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで自身の去就についての記者会見を開いた。7月31日の移籍期限までにオファーが届かず、NPB復帰を断念。同世代の松坂(中日)らと球界をけん引してきたスラッガーは、BC栃木の最終戦となる9月9日まで野球人としての集大成を見せる。

 男・村田の魂が宿る。テレビカメラ13台、報道陣70人が集結した会見。涙は見せなかった。金色のネクタイを締め淡々と言葉をつないだが、会見の最後の最後で胸の奥に秘める思いを打ち明けた。

 「万全の準備をしてNPB復帰を目指していた。その中で期限が来てしまった。そういう意味では、来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるというのは考えにくい。ただ、その2文字(引退)を今日は使いたくない。ブレーブスのために最後まで野球をします」

 7月31日のNPB移籍期限が過ぎ、NPB復帰への道は断たれた。BCリーグでは打率3割5分2厘、9本塁打、44打点。巨人時代から力の衰えを感じさせなかったが、NPB球団の若手育成の方針を覆せなかった。

 「NPB復帰を目指して全力で体の準備をしてきたが、かなわなかったのは事実。家族とも少し話しました。お誘いがなかったのを受け止めて、前に進んでいきたい」

 BC栃木のレギュラーシーズン最終戦は9月9日のBC群馬戦(小山)。感謝の気持ちをフルスイングに込める。「小学校3年生から野球を続けてきた。その集大成をお見せできれば。体も万全の状態でまだ野球ができる。いいパフォーマンスを最後までできれば」と約束。NPB通算1865安打、360本塁打をかっ飛ばしてきた自負もある。「野球の最大の魅力は本塁打。息子たちが本塁打を打ってほしいと言うときは、すごくいい目標。一本でも多く」と誓った。

 今後の道筋はBC栃木でプレーする中で定めていく。「いつまでも後ろを向いていたら、僕の野球人生を否定することになる。前を向いて野球を続けるのが一番。その先のことは徐々に考えていければ」。球団側も最終戦までに“村田イベント”を用意すると約束。現役生活は残り39日。NPBと独立リーグ16年間の花道を飾る。(小谷 真弥)

 ◆村田 修一(むらた・しゅういち)1980年12月28日、福岡県生まれ。37歳。東福岡3年時に投手として甲子園に春夏連続出場。日大で内野手に転向、02年ドラフト自由獲得枠で横浜(現DeNA)入団。07、08年本塁打王。08年北京五輪、09年第2回WBC日本代表。11年オフにFA宣言して巨人へ移籍。三塁でベストナインを4度、ゴールデン・グラブ賞3度受賞。17年限りで巨人を自由契約となり、今季からBC栃木に所属。NPBでの通算成績は1953試合に出場。6925打数1865安打、打率2割6分9厘。360本塁打、1123打点。177センチ、92キロ。右投右打。家族は絵美夫人と3男。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)