炎天下の野球も冷涼に、快適に…アシックスジャパンが夏の限定モデルを発売

2018年8月3日11時10分  スポーツ報知
  • アシックスジャパンが発売した夏の限定モデル。遮熱効果などが施されている

 アシックスジャパンは夏の限定モデルとして、クーリング機能を搭載した野球のスパイクシューズ、硬式用グラブ、バッティング用手袋をこのほど発売した。夏場の練習や試合に対応するため、遮熱効果を持たせたり、肌に触れると冷たく感じる素材を用いているのが特徴。色も高校野球対応モデルとなっている。

 スパイクシューズは軽量でフィット感を高め、広島・田中広輔使用モデルをベースにした「ゴールドステージ スピードアクセル100MA(マスタースピード)」と、エンゼルス・大谷翔平使用モデルをベースにした、接地時の安定感を高めた「ゴールドステージスピードアクセル100SM(スマートスピード)」の2タイプ。ともにアッパー(甲被)表面の樹脂層に遮熱塗料を塗布することで、シューズ内の温度上昇を抑えている。

 硬式グラブもバンド部分と指股部分に、触れると冷たさを感じる生地を採用している。グラブを長時間はめていても快適だ。バッティング用手袋も甲部分に触れると冷たさを感じる生地を配置している。バットコントロールを重視し、素手感覚で着用したい選手には最適な仕様になっている。詳しくはアシックスジャパンのホームページまで。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ