元木ジャパン、韓国撃破!世界少年野球大会3連勝

2018年8月9日15時29分  スポーツ報知
  • 3回2死、一塁から内野安打で一気に生還する赤埴(右・公式フェイスブックから)
  • 整列する元木ジャパン(公式フェイスブックから)

 米国で開催されている「カル・リプケン12歳以下(U12)世界少年野球大会」で、元巨人・元木大介監督(46)が指揮を執る日本代表チームが、予選リーグ最終戦で韓国を2―0で下し、3戦全勝で決勝トーナメントに進出することになった。

 先発の中塚遥翔(泉州阪堺ボーイズ)は変化球がさえ、要所をきっちり抑える好投。2番手の阪怜我(四日市ボーイズ)は2回で4奪三振、3番手の松尾泰良(京都二条ボーイズ)も無失点に抑え、完封リレー。打線も、3回2死から四球で出塁した赤埴克樹(大阪東ボーイズ)が小杉倫太朗(京葉ボーイズ)の内野安打で一気に生還して先制するなど、元木監督が目指す足を絡めた緻密野球で、韓国を退けた。

 既に決勝トーナメント進出を決めていたが、初戦のカナダ戦で20―0と大勝、続くドミニカ戦でも8―3と逆転勝ちし、3連勝で悲願の3連覇に向けてまた一歩前進した。

 チームはボーイズリーグとヤングリーグに精鋭15人で結成。07年から、今年1月に急逝した星野仙一さんがチームを支援し、「チーム星野」として世界に挑戦。今年からプロ経験者として初めて元木監督が就任。元木ジャパンとして大会6度目の世界一を目指す。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)