【東都大学準硬式野球】日大が7回コールド勝ち

2018年9月16日16時48分  スポーツ報知
  • 7回に右前安打を放った日大・福村

  ◆東都大学準硬式野球1部秋季リーグ戦 日大12―1東海大(16日・ダイワハウススタジアム八王子)

 日大が17安打と打ちまくって、7回コールド勝ちで先勝した。

初回、長濱莉来(1年=長崎日大)の適時打で先制すると、3回には上野純貴(2年=大垣日大)の2点三塁打などで加点。6点を追う東海大は5回、服部哲平(2年=東海大甲府)の適時二塁打で1点を返すも、日大は6回に4点を加えると、7回に福原厳輝(1年=磐田南)の右前安打から好機を作ると井原澄人(1年=長崎日大)が2点適時打を放ってリードを広げ、7回で試合を決めた。

 日大・福原厳輝「チームが勝つために1本でも多く打ちたいです」

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)