【東京六大学準硬式野球】早大・徳島が満塁弾

2018年9月17日21時7分  スポーツ報知

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 早大5―1法大(17日・法大多摩)

 早大が快勝。1勝1敗のタイに持ち込んだ。2回、池澤一真(2年=大田原)の適時三塁打で1点を先制すると、3回には2死無走者から3連打で満塁とすると、徳島有樹(4年=早稲田佐賀)が左越えに満塁本塁打を放ち一気に4点を追加。法大は5回、乗松幹太(3年=新田)の犠飛で1点を返すも、早大投手陣の継投に反撃を断たれた。

 早大・徳島有樹「少ないチャンスで得点できて、全員でつかんだ勝利だと思います。優勝のためには1戦も負けられない状況なので、チームの勝利のために自分にできることをやり切ります」

その他
今日のスポーツ報知(東京版)