【東都大学準硬式野球】日大が無傷の8連勝

2018年10月2日18時54分  スポーツ報知
  • 8回、代打で3ランを放った日大・陰山

  ◆東都大学準硬式野球1部秋季リーグ戦 日大8―4国士舘大(2日・ダイワハウススタジアム八王子)

 日大が逆転勝ちで開幕から8連勝とし、4つ目の勝ち点を挙げた。先制したのは国士舘大。初回、渋谷奏(2年=長野商)の適時打、清水孝太(2年=伊勢崎清明)の2点適時打などで4点を挙げた。日大は2回、3回に1点ずつを返すと4回、市川智輝(2年=日大二)、西坂佳祐(3年=千葉日大一)の連続適時打などで3点を奪って逆転。8回には代打・陰山健(2年=日大三)が中越え3ランを放ち試合を決めた。

 日大・陰山健「中央大学に勝つまで喜べません」

その他
注目トピック