【東京六大学準硬式野球】慶大・市野澤が2打席連続アーチ

2018年10月7日17時5分  スポーツ報知
  • 2打席連続本塁打を放った慶大・市野澤

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 慶大6―4法大(7日・早大東伏見)

 慶大が逆転で連勝し、3つ目の勝ち点を挙げた。先制したのは法大。2回、三品勇人(4年=報徳学園)の2ラン、大石智貴(3年=静岡)の適時二塁打で3点を先制。慶大は3回1死満塁から内野ゴロの間に1点を返すと、5回には市野澤文太(3年=慶応)の本塁打と敵失で2点を挙げて同点に。7回、法大に1点を勝ち越されたもののその裏、市野澤の2打席連続となる本塁打で追いつき、杉浦正敏(4年=慶応)の2点適時打で勝ち越し。小刻みな継投で法大の反撃をしのいで逃げ切った。

 慶大・市野澤文太「優勝するには後のない試合だったので、とにかく勝ちたいという気持ちだけでした。2本とも打った瞬間、入ったと思いました。自分たちのできることをして、早慶戦で2連勝し、優勝に望みをつなげたいです」

その他
注目トピック