【東京六大学準硬式野球】立大・今川が決勝弾

2018年10月21日20時31分  スポーツ報知
  • 決勝本塁打を放った立大・今川

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 立大3―2法大(21日・早大東伏見)

 立大が競り合いを制して1勝1敗とした。5回、泰道勇伊(2年=立教新座)の適時内野安打で先制。法大は6回、三品勇人(4年=報徳学園)、細木雄斗(1年=報徳学園)の適時打で逆転するが、立大はその裏、上原和人(3年=日大二)の適時二塁打で追いつくと7回、今川大輔(2年=日大二)の右越え本塁打で勝ち越し。濱崎爽太郎(4年=春日部東)が法大の反撃を封じて逃げ切った。

 立大・今川大輔「リラックスして打席に入ったのがよかったです。明日もチームの勝利に貢献できるように頑張りたいです」

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)