二岡智宏氏、BC富山監督に就任 巨人・岡本育成…若手指導力に白羽の矢

2018年11月8日5時55分  スポーツ報知
  • 二岡智宏氏

 今季、巨人の1軍打撃コーチを務めた二岡智宏氏(42)が、来季からBCリーグ・富山GRNサンダーバーズの監督に就任することが7日、分かった。近日中に会見を行う予定で、巨人・岡本を育てあげた手腕をNPBを夢見る若手に振るうことになる。

 二岡氏は現役時代、強肩・強打の遊撃手として常勝巨人を支えた。日本ハム移籍後は代打の切り札として活躍した。13年シーズン限りで引退。その後は巨人の1、2軍で打撃コーチを務めた。今季は、史上最年少で打率3割、30本塁打、100打点をマークした岡本を指導。グラウンドだけでなく、ウェートトレーニングなどのノウハウも教え込み、あらゆる角度からフォローして4番に育てた。山本や重信ら若手に対しても技術だけではなく、どうすればベストパフォーマンスを発揮できるかという心構えを指導し若手台頭に尽力した。

 BC富山はその指導力に注目し、監督をオファー。選手個々の技量や性格に合わせた指導方法は、将来NPBを目指す選手たちのプラスになると判断したもようだ。BCリーグのレベルも年々上がり、今年のドラフトでは富山から湯浅京己(あつき)投手(19)が阪神6位で、海老原一佳外野手(23)が育成1位で日本ハムから指名を受けた。発展途上の選手にはこれ以上ない指揮官になる。近日中に監督就任が正式決定し、BCリーグの合同トライアウト、NPBの合同トライアウトも視察する予定だ。

 ◆二岡 智宏(におか・ともひろ)1976年4月29日、広島県生まれ。42歳。広陵高、近大を経て、逆指名した巨人に98年ドラフト2位で入団。1年目から正遊撃手として活躍。2002年に日本シリーズMVP、03年にベストナイン。08年オフに日本ハムへ移籍し13年限りで現役引退。15年オフに巨人2軍打撃コーチに就任し、17年から1軍打撃コーチ。今オフに退団。通算成績は1457試合で1314安打、打率2割8分2厘、173本塁打、622打点。180センチ、80キロ。右投右打。

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)