【侍ジャパン】岡本、侍史上最年少4番、日米最終戦スタメン発表

2018年11月15日16時36分  スポーツ報知
  • 日米野球第6戦に4番で先発出場する岡本(カメラ・池内 雅彦)

 ◆日米野球第6戦 MLB―侍ジャパン(15日・ナゴヤドーム)

 侍ジャパンの巨人・岡本和真内野手(22)が、15日の日米野球最終第6戦(ナゴヤD)に「4番・三塁」で出場することが発表された。

 岡本が22歳4か月で4番を務めるのは、筒香が15年プレミア12で起用された当時の23歳11か月を抜き、08年秋の侍ジャパン発足以降では史上最年少となる。

 侍の先発メンバーは以下の通り。

1(中)秋山

2(二)菊池

3(指)柳田

4(三)岡本

5(右)上林

6(一)山川

7(捕)森

8(左)外崎

9(遊)源田

先発投手 笠原

その他
注目トピック