「大魔神」佐々木主浩氏が母校・東北福祉大で野球教室「楽しかった」

2018年11月18日6時0分  スポーツ報知
  • 子供たちにキャッチボールの手本を見せる佐々木氏

 プロ野球の横浜や米大リーグで活躍し、2000年にはアメリカン・リーグ新人王にも輝いた仙台市出身の「大魔神」こと佐々木主浩氏(50)が17日、母校の東北福祉大で野球教室を開催した。

 佐々木氏の他にも野球解説者の高木豊氏(60)、元巨人の西山秀二氏(51)と豪華メンバーが講師役を務め、宮城県内外から集まった約60名の子供たちとウォーミングアップ、守備、打撃と約2時間汗を流した。

 主に野球未経験者相手に指導した大魔神は「楽しかった」と笑顔。質問コーナーではメジャー新人王を取った時の気持ちを聞かれると「日本の1年目は取れなかったので、うれしかった」と振り返った。最後には「また仙台で野球教室をしたい。この中からプロ野球選手になってくれることを期待してます」とみちのくの“後輩”たちにエールを送った。

その他
注目トピック