【BCリーグ】富山、二岡監督の右腕に元巨人左腕

2018年12月17日12時49分  スポーツ報知
  • BC富山・乾真大コーチ

 BCリーグ富山GRNサンダーバーズの投手コーチに、来季から乾真大投手(30)が選手兼任で就任することが17日、わかった。この日、チームが発表した。

 乾投手は10年に東洋大からドラフト3位で日本ハムに入団。16年にトレードで巨人に移籍し、2年間ジャイアンツのユニホームでプレー。17年シーズン終了後に巨人から戦力外通告を受け、NPB復帰を目指して今年から富山でプレーを続けていた。今年は先発として21試合に登板し、完投2試合、リーグ2位の14勝(4敗)を挙げ、同2位の防御率2・28を残すなど、安定した投球を披露していた。

 今季まで巨人の1軍打撃コーチを務めた二岡智宏氏(42)が11月15日に富山の監督に就任。二岡監督は、不在になっていた投手コーチとして「今年も若手の面倒を良く見ていたと聞いていたし、適任だと思った」と乾投手に白羽の矢を立てた。乾投手とは、日本ハムでの現役時代と巨人でのコーチ時代に共に戦った仲。二岡監督からの要望を受け、乾投手は快諾した。

 乾投手は「来シーズンより兼任コーチとしてプレーさせて頂く事になりました。まずは自分自身のNPB復帰と、チームの勝利を目指しながら、夢や目標に向かって頑張る若い選手たちのサポートをしていきたいと思います」と球団広報を通じてコメントを出した。

 ◆乾 真大(いぬい・まさひろ)1988年12月8日、兵庫県出身。30歳。東洋大付属姫路高、東洋大を経て2010年にドラフト3位で日本ハムに入団。16年にトレードで巨人に移籍し、17年オフに戦力外通告を受けた。18年からBC富山で現役を続行。左投左打。

その他
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ