【女子プロ野球】ヤクルト川端慎吾の妹・川端友紀が現役引退

2018年12月29日11時18分  スポーツ報知
  • 現役引退を発表した埼玉アストライア・川端友紀

 女子プロ野球の埼玉アストライアは29日、ヤクルト・川端慎吾(31)の妹・川端友紀(29)が現役引退すると発表した。

 川端は「初のきょうだいプロ野球選手」として女子プロ野球第1期生として10年よりプレー、首位打者を3回獲得するほか、日本代表の侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」メンバーとして4度の女子野球W杯に出場した。

 「8歳の時から野球を始め、兄に憧れはじめた野球、兄に憧れて挑戦したプロの世界、今思えば、常に兄の後ろを追いかけてきました。本当にたくさんの方と出会い、その方々が私にとって1番の財産になりました。最後のシーズンは結果で返すことができませんでしたが、選手として精いっぱいやってきました。これから新しい人生を歩んでいきますが、悔いのない人生、選択をしていきたいと思います」とコメントを発表。1月に会見を行うという。

その他
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ