【和歌山】近大新宮が和歌山商を破り初戦突破…清岡が逆転3ラン

2018年7月14日16時16分  スポーツ報知

 ◆第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会 ▽2回戦 近大新宮6―4和歌山商(14日・紀三井寺)

 近大新宮が、春夏合わせて7度の甲子園出場を誇る和歌山商を破り、初戦を突破した。

 3―4の8回2死二、三塁、清岡龍太郎(3年)が右越えに逆転3ランを放った。「次につなげよう、という思いが強かった。打った時は『入ってくれ!』と思った。一つでも多く校歌を歌いたい。それが一番、力になった」と大粒の汗をぬぐった。

 清岡は6回途中から登板し、4回4安打、自責点0に抑え、投げても勝利に貢献した。

高校野球
注目トピック