【東兵庫】報徳学園・小園にCスカウト絶賛「上位じゃないと取れない」

2018年7月17日7時0分  スポーツ報知
  • 初回、報徳学園の小園が右前安打を放つ

 ◆第100回全国高校野球選手権記念東兵庫大会▽2回戦 報徳学園9―2伊丹西(16日・明石トーカロ)

 小園で始まり、小園で終わった。今秋ドラフト上位候補の報徳学園・小園海斗内野手(3年)は初回、初球の右前安打で出塁して先制のホームを踏むと、8―2の7回1死二塁では、コールド勝ちを決める中越えの適時二塁打。4打数2安打1打点で、視察した6球団のスカウトを魅了した。広島の鞘師スカウトは「総合的にレベルが高い。華がある。上位じゃないと獲れない」と高評価した。

 初戦前日の練習後に、メンバー外の選手が作ってくれたメッセージビデオを全員で観賞した。「最後の夏に暴れてくれ!」。熱い思いに涙がこみ上げた。

 昨年の侍ジャパン高校日本代表に、2年生では大阪桐蔭の藤原と2人だけが選ばれた。枚方ボーイズのチームメートだが、高校では練習試合を含めて未対戦。「一緒に戦いたいから、より一層、夏の甲子園にこだわっている」と聖地での再会を実現させる。(伊井 亮一)

高校野球
注目トピック