星稜、済美と死闘も涙 林監督「全部出し切った」

2018年8月13日5時55分  スポーツ報知
  • タイブレークの末に敗れた星稜ナインは、ベンチ前で相手校の校歌を聞く

 ◆第100回全国高校野球選手権記念大会第8日 ▽2回戦 済美13x―11星稜=延長13回タイブレーク=(12日・甲子園)

 甲子園で数々の名勝負を繰り広げてきた星稜が、またしても歴史に刻まれる死闘を演じた。延長13回に逆転サヨナラ満塁弾を喫した2年生左腕の寺沢孝多は「スライダーが少し内側に入った。失投だった。もっと先輩たちと甲子園で野球がしたかった」と目を真っ赤にして言葉を絞り出したが、林和成監督(43)は「紙一重の試合だったかな。全部出し切りました」とベンチ入り18人中、17人が出場した熱戦を振り返り、ナインをたたえた。

 チームは満身創痍(そうい)だった。先発した150キロ右腕・奥川恭伸は、右足のふくらはぎがつって4回で降板。8回に登板した主将の竹谷理央と、攻守の軸であるスーパールーキー・内山壮真も足がつるアクシデントに見舞われた。

 6点リードの8回に一挙8点を奪われ逆転を許したが、9回2死一、二塁の土壇場から鯰田啓介の左前打で追いついた。12回には1死満塁のピンチを迎えたが、今春センバツの三重戦で押し出し四球を許した寺沢が「二度と同じ失敗はしない。ここで抑えてこそ成長できると思った」と2者連続の見逃し三振で切り抜けた。

 OBの松井秀喜氏(44)の始球式が行われた開幕戦に勝利し、100回大会でも星稜の足跡を残した。79年大会の8月16日には、箕島(和歌山)と延長18回の死闘を繰り広げた。92年8月16日の明徳義塾(高知)戦では、4番・松井が5打席連続で敬遠された。星稜にとって特別な「8・16」に行われる3回戦には進めなかったが、2年生捕手の山瀬慎之助は「日本一になるために星稜に入学した。奥川と日本一のバッテリーになって全国制覇したい」と星稜黄金時代の到来を誓った。(勝田 成紀)

高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ