二松学舎大付、2年生リードオフマン右田、快打の奥義「右方向に“引っ張れ”」

2018年8月13日6時0分  スポーツ報知
  • 昨年夏の甲子園準優勝校・広陵に勝利し、笑顔で応援団のもとへ駆け出す二松学舎大付ナイン(カメラ・岩下 翔太)
  • 7回1死二、三塁、二松学舎大付・右田が右前適時打を放つ

 ◆第100回全国高校野球選手権記念大会第8日 ▽2回戦 二松学舎大付5―2広陵(12日・甲子園)

 二松学舎大付(東東京)は、1番・右田稜真中堅手(2年)が7回の決勝2点打を含め、いずれも右前に2安打を放った。

 打球が一、二塁間を抜けると、右田は右拳を一塁ベンチに突き出しほえた。同点で迎えた7回1死二、三塁。外角高めの直球を、逆らわずに右前へ運んだ。勝ち越しの2点打だ。「中(内角)は捨てて、外だけを狙っていきました。(打球が)抜けたので、すごくうれしかったです」。昨夏準Vの広陵を突き放す一打で、チームを2年連続の16強へと導いた。

 181センチ、83キロの2年生リードオフマン。市原勝人監督(53)からは「右方向に“引っ張れ”」と指導を受け、大舞台で2本の右前打で応えた。大阪入り後は、スイングを動画で撮影しつつ「マシンを緩いカーブに設定して、引きつけて打つ練習をしました」。逆方向に強い打球を打つスイングが完成した。

 ニックネームは「ミギちゃん」。利き手と利き足も右だ。右打ちのきっかけは「リトルリーグで速い球を引っ張れなかったので、小学校5年生の頃、コーチに右打ちをしろと言われたんです」。以来、右打ちの名手・内川聖一(ソフトバンク)の打撃を参考にバットを振ってきた。

 次戦は、浦和学院(南埼玉)との鬼門の3回戦だ。これまで出場した14、17年の夏は、いずれも3回戦敗退。「去年もそこ(3回戦)で負けている。3年生のためにも、ベスト8という目標が達成できるように気合入れて頑張ります」。攻撃の鍵を握る2年生リードオフマンが、右方向への安打からチャンスを切り開く。(大谷 翔太)

高校野球
注目トピック