大船渡・佐々木、自己最速157キロ! 11Kで秋県大会初戦突破

2018年9月16日15時16分  スポーツ報知
  • 自己最速157キロを計測した大船渡・佐々木朗希

  ◆秋季高校野球岩手県大会 ▽1回戦 大船渡5―0盛岡三(16日・森山総合公園)

 大船渡のプロ注目右腕、佐々木朗希投手(2年)が、自己最速を3キロ更新する157キロを計測。チームも盛岡三に5―0で勝ち、2回戦に進んだ。

 1回に2死満塁のピンチを招いたが、6番打者を二ゴロに打ち取った投球が157キロをマーク。「観客の歓声で(最速を)更新したのかな、とわかった」と話した佐々木は、5回を除く毎回の11奪三振と圧巻の投球をみせた。打っても4番に座り、4打数2安打。2回戦(17日)は一戸と対戦する。「一戦必勝で戦ってセンバツにいきたい」と、投打でチームを引っ張っていく。

高校野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)