不二越工・春田、好救援&サヨナラ打 9回から出場で「おいしい」…富山県大会

2018年9月16日21時15分  スポーツ報知
  • 9回にサヨナラ打を放ち、ナインにもみくちゃにされる不二越工・春田(中央)

 ◆秋季高校野球富山県大会 ▽2回戦 不二越工8―7伏木(16日・高岡城光寺)

 ノーシードの不二越工が、シードの伏木にサヨナラ勝ちで初戦を突破した。

 「けんか山打線」の愛称で強打を誇る伏木に、2回に4点を先制されたが、粘り強く反撃。6回に6―6の同点とすると、7回には1点を勝ち越した。

 9回に7―7に追い付かれると、1死一、二塁のピンチに3番手で春田琉成投手(2年)が登板。犠打で2死二、三塁とされたが、「1年生が頑張って投げてくれていたので」と、2番手で4回2/3を1失点と粘った高田淳司(たかた・じゅんじ、1年)に応える力投で三振を奪い、ピンチを切り抜けた。

 その裏、2死一、二塁のチャンスで初打席が回ってくると、内角直球をジャストミート。打球は左翼手のグラブをはじき、人生初というサヨナラ打になった。

 優勝したかのような歓喜の輪に迎えられた背番号11は「おいしいところを持っていった感じで…。その前に頑張ってくれたみんなに感謝です」と、チームメートに感謝しきりだった。

高校野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)