【秋季大阪大会】大阪桐蔭VS履正社、14日決勝で激突!…両校が近畿切符

2018年10月14日6時55分  スポーツ報知
  • 完投で決勝進出を決め、ガッツポーズをする大阪桐蔭・新井(カメラ・伊井 亮一)
  • 初回に先制3ランを放った履正社・井上(右から2人目)

 ◆秋季高校野球大阪府大会 ▽準決勝 大阪桐蔭7-1大阪偕星学園(13日・シティ信金スタ)

 準決勝2試合が行われ、大阪桐蔭が5年連続、履正社が3年連続の近畿大会(20日開幕・ほっと神戸)出場を決めた。大阪桐蔭は大阪偕星学園を7―1で下し、2017年春から大阪府6大会連続優勝に王手をかけた。新井雅之(2年)が1失点で今大会チーム初完投を飾った。履正社は、プロ注目の井上広大外野手(2年)が先制3ランを放つなど、初回の3本塁打などで大商大堺を12―5で破った。

 巨人ファンの“ミスタータイガース”が、新チーム初の完投投手となった。新井が5安打1失点に抑え、大阪桐蔭に近畿大会出場権をもたらした。「やり切ったという感じです」。練習試合を含めても5回が最長だった右腕が、未経験の9回を危なげなく投げ切った。

 「雅之」という名前は、父・康裕さん(53)が掛布雅之氏のファンでもあったことから名付けられた。今大会は7試合中6試合に先発。「スライダーがキレていて、低めに集まっていた。一番良かった」と充実感を漂わせた。この日は、今秋ドラフト1位候補の根尾昂内野手ら3年生が応援に駆けつけた。得意のスライダーは、根尾からアドバイスを受けることもあるという。

 新チームは投手もできる野手2人を含めて、ベンチ入り20人中、投手が8人もいる。今大会は2~5投手の継投で勝ち上がってきた。背番号9の新井について、西谷浩一監督(49)は「柿木(蓮)や根尾みたいにすごい球はないが、丁寧に投げる」と評価。投手陣の柱になりつつある。

 センバツ選考にかかわる近畿大会出場を決めたことで、史上初のセンバツ3連覇と3季連続の甲子園優勝へ、一歩前進した。14日の決勝の相手は宿敵・履正社。新井は「みんなで勝つしかない」と気合を入れた。公式戦連勝を今年は無敗の36に伸ばした常勝軍団が、昨春から府6大会連続Vの快挙に挑む。(伊井 亮一)

高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ