大谷、エンゼルスカラーの赤バット初披露!

2018年1月28日7時0分  スポーツ報知
  • マシン打撃を行った大谷

 エンゼルス・大谷翔平投手(23)が27日、古巣の千葉・鎌ケ谷の日本ハム室内練習場で自主トレを行い、新たにエ軍カラーの赤バットを初披露した。

 マシン打撃で2本のマスコットバットを振り抜いた。これまでの「青白」に加え、新調した「赤白」のチームカラーの相棒には「大谷翔平」と刻字。関係者によると、アルファベット表記など複数用意したパターンの中から、本人が「やっぱり、和でしょ」と漢字を選択。緩い球と速い球を合わせ、221スイングで大和魂を響かせた。

 26日には、母校・花巻東に自ら出場した12年以来のセンバツ切符が届いた。打撃の合間に鏡で投打のフォームを確認し、キャッチボール、ネットスローでも調整した二刀流右腕。メジャー仕様のバットを携え、球春を告げる。

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)