大谷、第2打席は空振り三振…ロイヤルズ戦7番DHでスタメン出場

2018年4月14日10時26分  スポーツ報知
  • 大谷翔平(ロイター)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が13日(日本時間14日)、「7番・指名打者」でスタメン出場した敵地のロイヤルズ戦の第2打席は、空振り三振だった。

 これまで打者として先発出場した6試合はすべて8番スタメンだったが、初の打順昇格となった。昇格した2回の第1打席はロイヤルズの先発、メジャー通算92勝をマークしている35歳のJ・ハメルからメジャー初となる左翼線二塁打を放った。

 試合は3回を終え、エンゼルスが2―1とリードしている。

 エンゼルスのスタメンは以下の通り。

(二)キンズラー

(中)トラウト

(左)アップトン

(一)プホルス

(右)カルフーン

(三)コザート

(指)大谷翔平

(遊)シモンズ

(捕)マルドナド

(投)ヒーニー

 大谷は本拠地デビューとなった3日のインディアンス戦で右越え1号3ランを含む猛打賞の活躍。翌4日の同カードでは中越え2号2ランを放ち、チームの連勝に大きく貢献した。6日の本拠地・アスレチックス戦では「8番・指名打者」で先発出場、2回の第1打席で中越え3号ソロを放ち、日本人選手では04年と07年に記録したヤンキース・松井秀喜以来2人目となる3戦連発を記録した。 10日のレンジャーズ戦では11―1と大量リードの9回に代打で登場。2死走者なしの場面で登場した大谷は右腕・コロンと対戦し二ゴロに倒れ、4試合連続本塁打はならなかった。12日のロイヤルズ戦では「8番・指名打者」でスタメン出場し3点リードの7回2死満塁で右中間を破る走者一掃の適時3点三塁打を放った。この日も第1打席で二塁打を放ち、スタメン出場した全試合で安打を放っている。

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)