エンゼルス・大谷、開幕3連勝へ最終調整 「やることをやれば十分に結果を出せる」

2018年4月15日7時38分  スポーツ報知
  • 15日の先発登板へ最終調整を行った大谷
  • 13日のロイヤルズ戦ではマルチ安打を記録した大谷(ロイター)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が開幕3連勝をかけて、15日(日本時間16日)の敵地・ロイヤルズ戦で先発登板する。14日(同15日)は気温6度と冷え込む中、ショートダッシュ、キャッチボールなどで最終調整した。

 大谷は本拠地初登板となった8日のアスレチックス戦で7回1死までパーフェクトに抑える好投。毎回12三振を奪い、7回1安打無失点と圧倒した。開幕から10試合で2勝&3本塁打は1919年のジム・ショー(セネターズ)以来99年ぶりの快挙だった。

 この日のロイヤルズ戦は欠場する見込みだ。15日は中6日を空けての登板。最高気温3度と極寒の中でのマウンドとなる。これまでに大谷は「準備だけしっかりやれば、あとはマウンドで良いパフォーマンスを出すことに集中できる。やることやって試合にいければ、十分良い結果が出せるんじゃないかなと思う」と意気込んでいる。

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)