大谷、左手のみティー打撃!エンゼルスメジャー最多15人DL

2018年6月17日6時0分  スポーツ報知
  • 大谷翔平投手(ロイター)

 エンゼルスのマイク・ソーシア監督は15日(日本時間16日)、右肘内側側副じん帯を損傷し、10日間の故障者リスト(DL)入りしている大谷翔平投手(23)が本拠地のアナハイムで左手だけを使ったティー打撃を行っていると明かした。大谷は7日に右肘に患部の治癒を促進するPRP(多血小板血しょう)注射を受けた。3週間は投球をせずに調整する方針で、再検査を受ける。

 エ軍は、開幕投手を務めたG・リチャーズら3投手と正三塁手のZ・コザートが10日間のDL入り。これでメジャー最多の15人がDLに名を連ねることになり、1961年の球団創設から初の出来事だ。開幕メンバー25人中、残っているのは12人だけ。ソーシア監督は「誰も自分を責める必要はないし、代わりの選手が貢献してくれる」と苦しい言い回しだった。

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)