大谷、第1打席は四球 フルカウントから選ぶ…2試合ぶりスタメン出場

2018年7月11日11時45分  スポーツ報知
  • 大谷(ロイター)

 ◆エンゼルス―マリナーズ(10日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が10日(日本時間11日)、本拠地のマリナーズ戦で「6番・指名打者」で2試合ぶりにスタメン出場し、第1打席は四球だった。

 2点を追う初回2死一、二塁で打席に入った大谷は、カウント3ボールからシンカーを空振り、見逃しでフルカウントとされた。そして6球目のチェンジアップを選んで、一塁へ歩いた。エンゼルス打線はその後凡退し、生還はできなかった。

 マリナーズの先発は右腕のマイク・リーク。今季は18試合登板し、8勝5敗、防御率4・11。大谷は4日の対戦で復帰後初安打となる右前打を放ち、ここまで4打数3安打と相性抜群だ。2試合連続弾に期待がかかる。

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ