大谷、「4番」スタメンで初回にいきなりタイムリー

2018年8月17日10時57分  スポーツ報知
  • レンジャース戦で初回に適時打を放つエンゼルス・大谷(ロイター)

 ◆エンゼルスーレンジャーズ(16日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平選手(24)が16日(日本時間17日)、敵地のレンジャーズ戦で4試合ぶりに先発出場し、1回にいきなりタイムリーを放った。

。 後半戦初、今季4度目の「4番・DH」に入ると、1回先頭のカルフーンから3連打で1点を先制した無死一、三塁の好機で打席に入り、右腕フラドの速球をたたくと、遊撃正面に飛んだ。名手アンドラスの前でイレギュラーし、中堅に抜けるラッキーな打球で12日タイガース戦以来の安打&打点となった。2回の第2打席は空振り三振。

 大谷は13日~15日はDH制の使えないナ・リーグ本拠地で3試合いずれも代打で2四球と三振に終わっていた。

MLB
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)