【MLB】パドレス牧田、6度目のマイナー降格

2018年8月18日11時30分  スポーツ報知

 パドレスは17日(日本時間18日)、牧田和久投手(33)を傘下のマイナー3Aエルパソへ降格させたと発表した。救援投手のミゲル・ディアスが2Aから昇格する。

 牧田は16日(同17日)のダイヤモンドバックス戦に2番手として登板し、メジャー自己最長となる3回1/3を無失点に抑える好投。ただ、球数が59球に達したこともあって休養期間が必要となることから、グリーン監督は「ブルペンをリフレッシュさせる必要があった。牧田を失うのは痛いが、これも起こり得ること」と降格理由を説明した。

 12日のメジャー昇格後は2試合連続無失点と好調を維持していた牧田。16日の登板後には「力みがなくなっていい感じになってきた。日本で投げていた感覚、柔らかさが戻ってきた」と復調への手応えを口にしていただけに、無念のマイナー降格となってしまった。

 西武からポスティングシステムでパドレス入りした牧田のマイナー降格は6度目。今季は25試合に救援登板して0勝1敗、防御率6・10の成績となっている。

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ