マリナーズ・岩隈、今季限りで退団…コーチ打診を固辞「まだできると思いたい」

2018年9月13日6時0分  スポーツ報知
  • マリナーズ・岩隈(2012年撮影)

 マリナーズは11日(日本時間12日)、マイナー契約で右肩手術からのメジャー復帰を目指していた岩隈久志投手(37)が今季限りで退団すると発表した。岩隈はチームから来季のコーチ打診を受けたが、日本球界を含めた現役続行を熱望。日本では12日、11年まで所属していた古巣・楽天がさっそく獲得へ向けて名乗りを上げた。

 ◆岩隈に聞く

 ―ディポトGMと会談した。

 「今季は(起用)できないと聞かされた。マイナーでの登板機会が足りず、メジャーに上がる準備ができていないという判断だった」

 ―来季の話は。

 「プレーヤーではなく、コーチとしてサポートしてもらえないかという話はいただいた。まだできると思いたい。家族に野球を続けたいと話したら『今後も支えていきたい』と言ってくれた。すごくうれしかった」

 ―リハビリが長かった。

 「大変だったが、これも一つの経験。自分の財産になっている。寂しく、悔しい気持ちもあるが、7年でとても貴重な体験ができた。チームメートにも恵まれ、感謝の気持ちが大きい」

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)