西武・菊池雄星、どうなる争奪戦 全30球団へ契約可能選手通知

2018年12月5日6時0分  スポーツ報知
  • 西武・菊池雄星

 米大リーグ機構は3日(日本時間4日)、西武・菊池雄星投手(27)がメジャー移籍するためのポスティングシステムの申請を行ったとし、全30球団に契約可能選手として通知した。交渉は米東部時間4日午前8時(日本時間4日午後10時)から解禁で、来年1月2日午後5時(同1月3日午前7時)までの30日間となる。

 早速、米国で動きがあった。スタインブレナー共同オーナーが獲得調査を行っていると、ヤンキースの本拠地、ニューヨークのメディアが報道。ニューヨーク・ポスト紙電子版は過去に同制度を利用した日本投手の名を挙げ「ダルビッシュ、松坂、田中ほどの評価は受けていないが、球界内で幅広い関心を呼ぶだろう」と報じ、デイリーニューズ紙電子版は「大谷のように西海岸に行くとの見方が多いが、争奪戦で決してヤンキースを侮ってはいけない」とした。

 Rソックスの編成最高責任者・ドンブロウスキー社長は「現状で実績ある4人の先発陣がいる。現状戦力で戦えるかもしれない」と、やや控えめな発言をした。

MLB
注目トピック