大谷翔平、雄星先輩と「対戦チャンスあるかな」…インタビュー(上)

2018年12月5日6時0分  スポーツ報知
  • エンゼルスの大谷翔平

 エンゼルスの大谷翔平選手(24)が4日、都内で共同通信のインタビューに応じた。西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す花巻東の先輩、西武の菊池についても「僕が安定して試合に出られれば、対戦するチャンスもあるかな」と思いも口にした。3回にわたってお送りする。

 ―メジャーでやれる自信が出てきたのはいつ頃か。

 「やれる自信はまだない。今でもないし、来年同じようにやったら同じような結果は出ない」

 ―オープン戦では何が苦しかったか。

 「打撃は(相手投手の)球が速いのが一番。平均したら数マイルの差だが、かなり違う。(投手では)ボールもマウンドも違うのは分かっていたが、経験しないと分からない難しさはあった」

 ―開幕前にマリナーズのイチローに助言を求めた。

 「(日本野球と)違う部分を一番、経験している方に聞きたいなというのもあった。練習や試合の入り方、技術も含めてどうやったら対応していけるかを聞きたかった」

 ―6月に右肘故障が判明後は落ち込んでいた。

 「1週間くらいはやることがなくて家にずっと閉じこもっていた。(その後は同時期に離脱した同僚の)シモンズ選手と夜ご飯を食べに行ったり、大きなハスキー犬と球場で遊んだりして案外、一人ではなかった」

 ―手術は大きな決断。

 「直感で、した方がいいと思っていた。気持ちよく投げられなかった状況から、思い切りパフォーマンスを出せる状態に持っていけると考えれば、すごくワクワクはしている」

MLB
注目トピック