◆SHEILA(シェイラ)

 日本人の父とキューバ人の母を持つハーフ。キューバ生まれの日本育ち。小学6年時はキューバの現地校に通っていた経験もあり、スペイン語と日本語、英語を操る。

 高校時代にソフトボール部に所属し、左投げ左打ちで、一塁、中堅、投手の経験あり。過去には軟式野球チームにも所属していた。プロ球界の取材をスタートしたのは、大リーグ中継のアシスタントなどを務めた2001年から。その語学力と明るいキャラクターで、これまで762本の大リーグ通算最多本塁打記録保持者であるバリー・ボンズ氏や12年の三冠王であるミゲル・カブレラ内野手など、メジャーの大物選手たちから本音トークを引き出して日米100人以上の選手たちにインタビューをしてきた。

 2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラッシック(WBC)での取材をきっかけに、キューバ代表と深く関わるようになる。2011年にキューバPR親善大使に就任し、2015年には一般財団法人「キューバ親善協会」を設立し、代表理事に。「ペロタdeアニモ」と銘打って、キューバに野球道具を送る慈善活動も行っている。

「NO LATIN, NO BASE BALL」広島・バティスタに一問一答

質問に誠実に答えてくれた広島・バティスタとSHEILA

10月31日 15:00

 こんにちは、SHEILAです! 今回の『NO LATIN, NO BASE BALL 一問一答』は、現在日本シリーズにも出場中の、広島のサビエル・バティスタ外野手(26)です。広島って、ジャクソン選手やフランスア選手、メヒア選手など個性的な選手がいっぱいいますが、バティスタ選手もその一人。パワーあふれるバッティングが魅力です。質問にも、とっても誠実に答えてくれて、口癖は「En la realidad…」。これ、どんな意味でしょうか。最後まで読んで頂けたらうれしいです。  続きを読む…

記事一覧
注目トピック