【日本ハム】谷口、術後初フリー…3月に右膝前十字靭帯再建

2017年9月8日9時0分  スポーツ報知
  • ティー打撃を行った谷口

 3月に右膝前十字靭帯再建手術を受けた日本ハム・谷口雄也外野手(25)が7日、2軍施設のある千葉・鎌ケ谷市で練習を行い、術後初めて屋内施設でフリー打撃を行った。

 2月の春季キャンプ以来、約7か月ぶりにスパイクを履き、ユニホームを着用。打撃投手を務めた本田トレーナーを相手に50スイングし、「よかったんじゃないですかね。(ユニホームを着ると)テンションも上がりますし、楽しかったです」と笑みを浮かべた。

 早ければ今週末にも屋外でのフリー打撃に移行する。約2週間前からはダッシュのメニューなども消化。状態について聞かれ、「7割くらい。ここからは技術的な練習もやっていきながらですね」とうなずいた。

 今後は10月9~30日に宮崎県内で行われる「フェニックス・リーグ」の終盤での実戦復帰を目指し、リハビリを続けていく。それでも「早く復帰したいと言っても、このケガは(復帰が)早ければ早いほど、(再発の)リスクが高い。まずはしっかり治してから」。来シーズン完全復活した姿を見せるために、谷口は歩みを進める。(後藤 亮太)

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ