【阪神】藤浪護摩行を金本監督に“直電オファー”池口法主が精神面の弱さ指摘

2017年12月21日6時0分  スポーツ報知
  • 藤浪に護摩行を勧めた最福寺の池口法主

 鹿児島・最福寺の池口恵観法主(81)が20日、京都市内のホテルで「相談会」を開催し、阪神・藤浪晋太郎投手(23)を護摩行で復活させるべく、金本知憲監督(49)に“直電オファー”を試みた。

 現役時代の金本監督が、400度近い炎と向き合う護摩行で精神鍛錬する姿を見つめてきた池口法主。来季のV奪回を期待するだけに、「阪神にはいい若い人がいる。一人か二人、(護摩)行をやって引っ張っていく人が出てくれば」と語り、中でも「あの子を(護摩行で)やりたいんだけどね」と、昨オフに続いて名指ししたのが藤浪だった。

 昨季は7勝11敗、今季はプロ5年目で自己ワーストの3勝(5敗)に終わった。極度の制球難に陥り1、2軍を行き来した右腕について、法主は精神面に「弱さがあった」と指摘し、心を鍛える必要性を説いた。

 「一度会わせなさいと監督には言っているんです」と携帯電話を取り出し、報道陣の前で金本監督に電話をかけた。来年3年目を迎える金本阪神に、「どうしても優勝してもらいたいと思っているんです」と2度、3度試みたが、あいにく応答はなかった。

 それでも「護摩行が嫌なら、他にもやり方はある」とうなずき、炎以外の手立てでも精神力を鍛えられることを力説した。金本監督、広島・新井らを護摩行で鍛え上げてきた池口法主は、若虎育成にも協力を惜しまない様子だった。(金川 誉)

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)