【中日】ドアラ、人的補償で日本ハム移籍?「プロテクトされてないと思う」…契約更改全問答

2017年12月22日15時18分  スポーツ報知
  • 大野奨の人的補償として日本ハム移籍の可能性も否定しなかったドアラ

 中日のドアラが22日、名古屋市内の球団事務所で契約交渉に臨み、年俸として現状維持の食パン600グラムプラス出来高でサインした。

 会見では、今月に入って名古屋市の東山動植物園でコアラの死亡が相次いでいることにも触れ「ネットニュースで知った なにか自分でも力になれないかと」と苦渋の表情。一方で、盟友で顔も似ている森野が引退したため、今後絡んでいきたい選手として「京田」と即答するなど、ドアラらしいしたたかさも見せていた。

 ◆ドアラと一問一答

 ―サインはしたか。

 (うなずく)

 ―アップかダウンか?

 「→(すいてい)」

 ―今季は食パン600グラムプラス出来高だったが、現状維持ということか。

 (うなずく)

 ―交渉でもめたようだが?

 「もめたりしません」

 ―年俸には満足か?

 「握手の数があんなんだったのにキープにしてくれた」(注:今季はファンと199万4000回握手するというプロジェクトをブチ上げたが、わずか3万3591回に終わる)

 ―球団から言われたことは。

 「もう来年の話をしている」

 ―具体的に。

 「今までと少し変わったファンとの交流」

 ―書ける範囲で。

 「色々ある 細かくは今度」(注:球団によればナゴヤドームで「ドアラフェス」などを開催予定。「ドアラカフェ」で「お年寄りデー」などの限定イベントを行うという)

 ―ナゴヤドームでのバック転は成功35回、失敗34回だった。

 「なんとか5割いけた」

 ―ラスト4試合は全て成功したが、最終戦を除く3試合はひねりを加えない消極的な安全策も目についた。

 (イライラした様子を隠さず)「色々ありまして…」

 ―ともに名場面を彩った森野選手が引退。来季から主に誰と絡むのか?

 「京田」

 ―なぜ?

 「今きてるから 一緒に盛り上げられる」

 ―ファンにひと言。

 「明日のディナーショーの準備 おわってません」(注:23日に名古屋市内のホテルでヤクルト・つば九郎とクリスマスディナーショーを開催)

 ―有馬記念の予想を。

 「三連単2、10、1」

 ―理由は?

 「2000本安打の選手の背番号」(注:今季達成した中日・荒木、巨人・阿部、阪神・鳥谷)

 ―2はキタサンブラック。

 「今年の漢字「北」だったのでちょうどいいと思う」

 ―ドアラが大野奨の人的補償として「北」海道に行く可能性は?

 「プロテクトされてないと思うので心の準備はしたい」

 ―球団は来年1月に前ソフトバンクの松坂投手の入団テストを行う。

 (なぜかガッツポーズしながら)「ノーコメント」

 ―ドアラ、松坂。大物同士で思うこともあるだろうが。

 (やはりガッツポーズしながら)「ノーコメント」

 ―東山動植物園で雄のコアラの死が相次いでいる。

 「ネットニュースで知った なにか自分でも力になれないかと」

 (さらに問わず語りで)「時代がパンダにいってる コアラにも注目してほしい」

 ―上野動物園のシャンシャンをライバル視しているのか?

 「みたいっちゃ~みたい」

 ―松坂もライバル視しているのか。

 (またまたガッツポーズしながら)「ノーコメント」

 ―松坂の入団テストを見にいくのか?

 (そこはノーコメントではなく)「まぁまぁ忙しいんで」

 ―ありがとうございました。

 「シャンシャン」

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ