新人選手研修会に104選手が受講、DeNA新人はインフルの影響で来年参加

2018年1月11日19時44分  スポーツ報知
  • 新人研修会に臨む広島・中村(中央)ら

 日本野球機構(NPB)の新人選手研修会が11日、都内のホテルで行われ、11球団の新人104選手が受講した。午前中は野球殿堂博物館を見学し、午後はヤクルトや米大リーグ・レイズなどでプレーし、昨年現役を引退したBC福島の岩村明憲監督(38)の講義などを聴講した。巨人のドラフト1位・鍬原拓也投手(21)=中大=は「プロは厳しい世界だと思いますが、負けないように頑張っていきたい」と振り返った。

 なお、インフルエンザを発症した選手がいるため、DeNAの新人10選手は欠席し、規定により来年の新人選手研修に参加予定となっている。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)