Facebook
Twitter

【DeNA】今永、積雪の地元球場で自主トレ公開 開幕投手「もちろんやってみたい」

2018年1月12日15時26分  スポーツ報知
  • 北九州市内の幼少期にプレーした思い出のグラウンドで自主トレを公開したDeNA今永

 DeNA・今永昇太投手(24)が12日、出身地である福岡・北九州市内のグラウンドで自主トレを公開し、3年目で自身初となる開幕投手、シーズン15勝を目標に掲げた。

 幼少期にプレーした思い出のグラウンドでプロ3年目をスタートさせた。この日は雪も積もった中、楽天の森雄大投手(23)とランニング、キャッチボール、ティー打撃などを行った。昨季は自身初の2ケタとなる11勝(7敗)。更なるレベルアップへ向け「17年の結果をすべて超えるつもりで練習している。去年通用したことが今年通用するとは限らない。現状維持ではなく、新しいことにチャレンジしないといけない」と前を向いた。

 ラミレス監督が今永、石田、浜口、ウィーランドの4人から開幕投手を決めることを明言しているだけに「もちろんやってみたい。今年が一番自分が試される。3年目でどうジャンプアップできるかが大事。15勝挙げられるようにしたい」と意気込んでいた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ