【西武】消防訓練中に火災発生の無線入り緊迫…新人8選手が体験

2018年1月12日18時45分  スポーツ報知
  • 寮の消防訓練で放水体験をする西武のドラフト1位・斉藤大(中央)と2位・西川(左)

 西武のドラフト1位・斉藤大将投手(22)=明大=ら新人8選手が12日、埼玉県所沢市の若獅子寮で消防訓練を行った。

 寮の厨房から出火したと想定しての訓練。開始直後に指導する消防隊員が乗ってきた消防車に、近隣で“本物”の火災が発生したとの無線が入り、隊員が大急ぎで出動準備をする緊迫のひと幕もあったが、出動命令は出ずにそのまま訓練を続行。8選手はホースを使っての放水や消火器の使用法についての指導を受けた。

 これまで火災に遭遇した経験はないという斉藤大は「これからももちろん経験しない方がいいけど、万が一(火災が)起こった時に生かせると思います」と話していた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)