【中日】大野雄、キャンプ地の新ブルペンに感動「きれい」…沖縄自主トレ公開

2018年1月12日18時54分  スポーツ報知
  • キャンプ地の沖縄・北谷公園や球場に新設された常設ブルペンの感触を確かめる(左から)大野雄、小熊、伊藤準
  • ノックを受ける大野雄(手前)後方は右から伊藤準、小熊

 中日の大野雄大投手(29)が12日、沖縄・北谷町の北谷公園野球場で自主トレを公開した。キャンプ地でもある球場で、伊藤準規投手(27)、小熊凌祐投手(27)とともに午前は遠投やハードなランメニューをこなすと、午後はノックに加えて2時間以上に及ぶウェートトレで汗を流し続けた。

 練習後は球場に隣接するブルペンをチェック。昨年まではキャンプ期間だけ仮設のブルペンを設置していたが、昨年末に9000万円の工費をかけて新たに常設のものが完成した。中日ナインとして初めて新ブルペンの感触をチェックした大野雄は「(マウンド以外の部分が)人工芝になりましたね。きれいになっていいと思います」と2月1日のキャンプインからバリバリ投げる自らの姿をイメージしていた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)