【侍ジャパン】稲葉監督が楽天視察、ブルペンで高梨らをチェック

2018年2月9日13時26分  スポーツ報知

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)が9日、沖縄・久米島で行われている楽天の春季キャンプを視察に訪れた。

 午前10時頃に久米島球場入りすると、梨田監督とガッチリ握手。梨田監督と話しながらウォーミングアップなどを見ると、ブルペンへ早速移動した。まず始めにチェックしたのは昨年ドラフト9位ルーキーながら46試合に登板し、防御率1・03の成績をマークしたサイド左腕・高梨雄平投手(25)。約10分間投球練習を捕手の後ろに立って見つめた。

 その後は、ブルペンで投球練習を受けていた嶋基宏捕手(33)と談笑し、則本昂大投手(27)、松井裕樹投手(22)、藤平尚真投手(19)らのピッチングを確認した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)