【中日】松坂、6日ぶり投球練習!白井オーナーと初対面「頑張れと言われた」

2018年2月15日18時5分  スポーツ報知
  • ひっそりとブルペンで投げ込んだ松坂

 中日の松坂大輔投手(37)=ソフトバンク=が15日、沖縄・北谷キャンプで6日ぶりにブルペン投球を行った。

 メニュー表の松坂の欄にブルペン投球を表す「P」は明記されておらず、ドラフト1位の鈴木博志投手(20)=ヤマハ=らが投球した午前中はキャッチボールやノックで過ごした。しかし午後から韓国・KIAとの練習試合が行われ、観衆の視線がメイン球場に集まった状態で、松坂がブルペンに登場。捕手を立たせて25球、片膝をつかせて5球と、比較的軽めに計30球を投げ込んだ。静かな環境で投球した理由について「僕の中で決めていたことです」と説明した。

 この日は白井文吾オーナー(90)がキャンプ地を訪問。初対面の松坂は固い握手を交わし「頑張ってくれと言われました」。総帥も「彼は雰囲気がある。それは自分の実績をよく知っているということ。サインを求められても嫌な顔ひとつせずサービスしている。『ファンを大事にする気持ちを踏まえてやってます』と言っておった。そういう使命感を持っておる」と日米通算164勝投手のオーラに感激した様子だった。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)