【侍ジャパン】DeNA・浜口、左肩の違和感で代表チーム離脱

2018年3月2日17時48分  スポーツ報知
  • 浜口遥大

 侍ジャパンは2日、DeNA・浜口遥大投手(22)が左肩の違和感を訴えて3、4日に行われるオーストラリア戦(ナゴヤD、京セラD)を辞退したと発表した。この日のうちに代表チームを離れ、DeNAに戻る事になった。

 神奈川大から16年のドラフト1位でDeNAに入団した左投手の浜口はルーキーイヤーだった昨季、先発ローテの一角として10勝(6敗)を挙げる活躍を見せて、今大会で初めて日本代表に選出されていた。2月6日に稲葉監督がDeNAの宜野湾キャンプを視察した際には「浜口選手のチェンジアップは独特。アジアは特にいい左打者が多いし、左投手は非常に有効」と熱視線を送っていた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)