【阪神】2回無失点のドラ2位・高橋遥を金本監督が絶賛「万全やったら間違いなくローテ」

2018年3月5日7時0分  スポーツ報知
  • 2回を無失点の好投を見せたドラフト2位の高橋遥

 ◆オープン戦 ソフトバンク6―4阪神(4日・福岡ヤフオクドーム)

 ただならぬホレ込みだ。ドラフト2位左腕の高橋遥が、オープン戦初登板で2回無安打無失点。「やっぱり、期待通りのボール。待ちに待ったというか、楽しみだった。すごい。あの真っすぐは狙ってもジャストミートできない」と賛辞の嵐を贈ったのは、ほかならぬ金本監督だった。

 キャンプは2軍スタートで、初の1軍マウンド。東都リーグでは通算5勝と潜在能力を生かし切れなかった左腕は「すごい緊張したけど、大学より緊張しなかった。しっかり腕を振って投げ込んだ球が上(1軍)で通用するか楽しみだった」と初々しい表情だった。打者7人を相手に1四球は与えたが、1三振と内野ゴロ5つ。伸びのある直球はMAX146キロを計測した。

 左肩に不安があるため、指揮官は無理をさせない基本方針を明言している。5日からは2軍で調整し、1軍での次回登板は慎重に設定される予定。それでも金本監督は「あとは肩のアライメント(関節や骨の並び)の状況。肩の状態が万全やったら間違いなくローテに入れますよ。(間隔を空けても)使いたいね」と開幕ローテ抜てきを諦め切れない様子だ。開幕後は先発と抹消を繰り返す中10日の起用プランも、現実味を帯びてきそうだ。(島尾 浩一郎)

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)