【楽天】森原が右肘の内視鏡手術、復帰まで4か月

2018年3月7日20時9分  スポーツ報知

 楽天は7日、森原康平投手(26)が5日に神奈川県内の病院で「右肘変形性関節症」のため「右肘後方鏡視下クリーニング術」を受けたことを発表した。競技復帰まで4か月。

 近大工学部、新日鉄住金広畑を経て16年ドラフト5位で入団した森原。ルーキーイヤーだった昨季は、中継ぎの一角として開幕1軍入りし、デビューから10試合連続無失点。150キロ超の速球を武器に20試合に登板した時点で、防御率は0・96と抜群の安定感を見せた。主に7回を担い勝利の方程式入りし、首位争いを演じたチームを支えた。6月以降は失速したが、42登板で2勝4敗13ホールド、防御率4・81だった。

 今年1月には4年連続65登板以上の鉄腕・福山に弟子入りし、京都市内でともに自主トレ。通常のカーブより速いスパイクカーブとチェンジアップに挑戦していた。キャンプは2軍スタートだった。

プロ野球
注目トピック