【日本ハム】清宮、限局性腹膜炎 最短でも15日までは入院 数日前から異常訴える

2018年3月14日6時0分  スポーツ報知
  • 限局性腹膜炎と診断され都内の病院へ入院した清宮

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)が「限局性腹膜炎」のため都内の病院に緊急入院していたことが13日、明らかになった。数日前から腹部の痛みなどを訴えており、球団はこの日、清宮が12日の夜に遠征先の広島から帰京し、そのまま入院していたことを発表。この日、同病院で診断を受けた。今後、最短でも15日までは入院して経過を観察する予定。開幕1軍を目指す怪物ルーキーが、思わぬアクシデントに見舞われた。

 遠征先の広島に、いるはずの清宮の姿はなかった。広島とのオープン戦(マツダ)開始前、清宮が12日の夜に広島から帰京し、この日、都内の病院で診察を受けることが発表された。試合後には「限局性腹膜炎」と診断され、最短でも15日までは入院して点滴などの治療を受ける予定であることが明らかになった。

 広島に到着した12日の夜に報告を受けたという栗山監督は「いかなる理由にしても申し訳ない。選手が苦しむということは監督の責任でもある。心配している」と険しい表情。吉村GMは清宮が数日前から腹部の異常を訴えていたことを明かし「(12日の夜は)腹部の状態が悪くて、試合に出る感じじゃなかった。腹部の痛みとか違和感。昨日から病院に入っている」と明かした。

 ルーキーにとっては、プロ入り後3度目の離脱だ。1月中旬の新人合同自主トレではトレーニング中に右手親指を負傷。フリー打撃再開までには約1か月を要した。さらに沖縄での1軍キャンプ中の2月下旬には体調不良で練習を早退。急性胃腸炎と診断されて翌日の練習を欠席するなど、度重なるアクシデントに見舞われながらアピールを続けてきた。

 ここまでオープン戦7試合、19打席、15打数無安打。5打席連続三振中とプロの壁にぶち当たっていたが、目標に掲げる開幕1軍への道のりはさらに険しくなった。順調に15日に退院しても軽めの調整からスタートさせる必要があり、すぐに実戦に合流とはならない。そのため、残されたオープン戦でのアピール機会は多くないのが現状だ。

 30日の開幕戦まで残り17日。指揮官は「とにかくまずは体の状態を見る。それに合わせて一日一日のことを考えていく。本人にとって一番いいことが、チームにとっても一番いいことだと思う」と慎重な姿勢を見せた。開幕1軍の可能性はまだ残っている。いまは回復を待つしかない。(小島 和之)

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)