【ロッテ】1番・荻野が猛打賞 オープン戦全試合ヒット継続中

2018年3月15日6時30分  スポーツ報知
  • 6回2死満塁、右翼線に2点適時二塁打を放った荻野(カメラ・清水 武)

 ◆オープン戦 ロッテ4―5オリックス(14日・ZOZOマリン)

 ロッテのリードオフマン・荻野が3安打した。6回に右翼線へ2点二塁打を放つなど、いずれも中堅から右に力強くはじき返した。「絶好調とまではいかないが、しっかり振れている」。

 オープン戦は全試合「1番・中堅」で先発し、全てで安打をマーク。9年目の32歳は「地道なケアを続けて、去年初めてけがなくやれた。まだ足が速くなれると思ってやっている」と意欲的だ。井口監督は「盗塁王を目指してほしい」と期待した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)