【DeNA】ウィーランド開幕アウト 浜口も実戦復帰見えず20年ぶりVへ不安スタート

2018年3月16日7時0分  スポーツ報知
  • ウィーランド

 DeNAのジョー・ウィーランド投手(28)が右肘の不安を訴え開幕ローテーションから外れる見通しであることが15日、分かった。左肩の違和感を訴えている浜口遥大投手(23)も実戦復帰が見えず、昨季2ケタ勝利を挙げた3人中、今永をのぞく2投手が開幕にいない状況となりそうだ。

 助っ人右腕は来日1年目の昨季10勝を挙げ、今季は開幕投手候補の一人として期待されていた。先月28日の韓国SK戦(宜野湾)で初登板。1回を完全に抑え「感覚は悪くない」と話していた。しかし今月に入り患部の不調を訴えた模様で開幕まで約2週間に迫ったこの日まで実戦登板を控えている。関係者の話を総合すると軽症で大事を取っての措置となるようだ。

 浜口に関してラミレス監督は「状態を見て」とギリギリまで見極めていくとしている。しかし、左肩は昨年1か月離脱した原因となった古傷であり春先から無理はさせられない状況だ。20年ぶりのリーグ制覇へ不安を抱えたスタートとなるが石田、今永、井納に加え、ドラフト1位の東、飯塚、熊原などの若手がカバーしていくことになる。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ