【中日】岩瀬と荒木、コーチ職解かれる…NPB登録のみ「ベンチ8人枠」影響

2018年3月16日20時24分  スポーツ報知
  • 手続き上、コーチ職を解かれた岩瀬投手

 中日は16日、岩瀬仁紀投手兼任コーチ(43)と荒木雅博内野手兼任コーチ(40)をNPBへの手続き上、コーチ職を解いたと発表した。チームで引き続きコーチとして指導にもあたり、コーチ料を含んだ年俸も見直されない。

 セ・リーグのアグリーメントには、ベンチ入りできる人員として「コーチ8名」と明記されている。岩瀬と荒木がベンチに入ると、他のコーチ2人がはじき出されることになる。西山球団代表は「NPBへの登録は外しましたが、チームでやってもらうことは同じです」と説明した。

 中日では2014、15年に早川和夫野手コーチ(57、現2軍野手コーチ)がコーチ8人枠からあふれたため、スコアラー登録でベンチ入り。オマール・リナレス巡回コーチ(50)も16年途中から通訳登録でベンチに入っている。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ